家族が増え、車の買い換える必要に迫られました
車査定

家族が増え、車の買い換える必要に迫られました

家族が増え、車の買い換える必要に迫られました。

 

その時、できるだけ高く売りたいと思ったので、一社単独の業者に最初から頼むことはせず、目星をつけたいくつか複数の業者に査定を依頼し、その中から、結果的に一番大きな金額を提示してくれた業者に売却を頼みました。

 

スタッドレスタイヤをつけていたのですが、元の値段を考えると、このタイヤのためにもしかしたらその分査定がよくなって金額が上がるかもしれないと期待もしましたが、あまり変わりがなくて拍子抜けしました。

 

新品でもないし、それ程良い状態のものではなかったようで、売却はできませんでしたが、自分で処分するとなると費用がかかりますし、無料で引き取ってもらえて良かったです。それはともかく、まだあまり使っていないような良好な状態のスタッドレスタイヤであるならタイヤとして、それだけを車と別に売却した方が、いい値段がつくそうです。中古車の査定、売却の時に必要と考えられるものを調べてみました。買い取ってもらった金額のお金を振り込んでもらうための銀行口座と車検証と印鑑証明(2通必要・発行後1か月以内の物)などを用意しておきます。

 

 

 

取説やスペアキーがあると査定金額が上がる可能性も十分あります。自動車が欲しいという人が多い時期は、自動車を売却する人にとっても自動車を高く売るチャンスですね。

自動車購入の需要が高ければその分供給しなければならず、待ったなしで自動車の買取金額も上がるのです。

 

一般的に会社の決算月である3月と9月は他の月よりも中古車販売店は売ることを重要視しますから、交渉次第では買取額がアップする可能性が高いのです。

 

 

9月は決算月であることに加えて、夏のボーナスが出ていることもあり車を購入する人が多くなりますから売却にも有利な時期です。

車を買取に出す場合、あまりに古く動かない車であっても値段が付くことがあるのかは大いに気になる点ですよね。

たとえ不動車であっても、外車と違って日本車は優良なパーツ取りの需要もあり、その点で価値が認められることが多いため、たとえ少額でも買取の可能性は十分にあります。業者の中にはそうした車を専門に買い取るところもあるので、断念せず探してみることが大事です。法改正によって、平成17年1月から自動車の再資源化の推進のため、自動車リサイクル法が実施されていますよね。

 

 

 

ですから、多くの車が法が定めた「自動車リサイクル料金」を納めているはずです。こうした、リサイクル料金を既に支払っている車を売却する時には、その買取業者から車を買ったときに納めたリサイクル料金相当の金額を受け取ることが出来ます。この料金を買取額とは別に支払われるのか、そのまま査定額の中に含まれているのかは、業者によって異なりますから、売買契約する前に、きちんと確認するようにしましょう。

 

 

二重査定制度というのは中古車取扱業者においては好都合な制度ですが、利用者にとってはかなり不利な制度です。

 

 

 

悪質な業者にひっかかると、二重査定という制度を巧みに使って、大幅に査定額を下げることもあります。

 

 

二重査定制度で発生する問題を防ぐためにも、契約を行う前に契約内容に間違いがないか確認すること、大切なのは査定時に車の状態を正確に伝えることです。

 

 

 

中古車買取業者に査定をお願いするときに必要になってくる書類には、車検証及び自賠責保険証明書だけであるため、たぶん誰でもすぐ用意可能で、とくに前もって準備するほどのことはありませんね。

 

しかしながら、査定した車を売却するとなると名義変更が必要ですから、更に、自動車税納税証明書、印鑑証明書など少々複雑な何枚かの証書が必要になるでしょう。最近、結婚したり転居したりして車検証や印鑑証明書などの姓や住所が表記と異なる際には新しい住所や姓に直すための書類が追加で必要になってくるので、スムーズに売却するために、事前に準備しておくとベターですね。車種の違いによって人気色も違う事をご存知ですか?トラックといえば今も昔もホワイトが人気なのですが、他の車種はどうなのかというと、査定額が上がるという点では、ホワイト、ブラック、グレー系が人気色です。

 

よく街中で見かける色、要するに、大勢から支持されている無難な色が買取においても都合が良いと言えます。あるいはパール系やメタリック系ですと、他のソリッド系よりも査定額が高くなる傾向にあるようです。

他にも、限定色などの希少価値のある場合は高値になることがあるそうです。

 

 

 

業者に車を売却するときは、走行距離で大幅に値付けが変わってくることは常識です。1年1万キロというのを聞いたことがないでしょうか。

それより走行距離が上か下かで、査定額も上下します。

走行距離だけに限って言えば、短ければ短いほど買取額がアップしますが、10万超だとマイナス査定というより、値段がつかないこともあるようです。

 

また、車種や用途によってもいくらか異なるので、迷ったら複数の会社に見積りを依頼してみると良いでしょう。中古車の買取をお願いする際、その時期や依頼する業者により数十万円の差がつきかねません。

 

 

 

日頃から車内部の手入れや傷、凹みを付けないように気をつけることも重要ですが、ちょっとでも高く買取してもらうためには、いくつかの買取業者に頼んで、その価格を比べることです。年式の古い車でも大事に乗っている人はいます。そういった車は買取可能なのかというと、微妙なところです。

 

 

かつての憧れの名車でも、中古車市場でいう「新同」のクォリティがあれば買い取りしてもらえる可能性があります。しかし、一括で見積もってもらったときに価格がつかないような車だと売主の満足がいくような価格をつけてくれる業者はいないでしょう。そういう車は個人売買が向いていると思います。売主側のほうでも魅力をアピールでき、中古車業界とは別の視点で価値をつけるので、相応の値段でも買い手が出てくる可能性がありますから、手間はかかりますが、カーオークションサイトもありますし、様子見で覗いてみてください。

車を売却する場合、高値で売れる時期やタイミングを逃さないように十分気を付けることが大切です。

 

例えば、3月の決算期や9月の中間決算の頃には車を高く売ることが可能です。あと、ウインターシーズンの前には、4WDなどのアウトドア車がよく売れるかと思います。

 

 

 

こういったように、車を高く売るためには、時期を見定めるのも必要となるのです。

 

 

 

普通車は車査定で売って、付加価値のついた車はネットのオークションを利用して売るというのが適しているかもしれません。ただし、ネットオークションだと個人売買なので、トラブルに発展するリスクが高いです。ローリスクで車を売りたいのであれば、車査定で売るという方法がオススメです。

こちらに非のない状態でぶつけられたりして、その後、修理して乗るというケースは案外多いものです。ただ、それだけでも深刻なのに、事故歴があるとして下取りでも買取査定でも、査定額が全然違うというのは珍しいことではありません。

事故の原因となった相手に賠償を要求できれば良いのですが、交渉次第で可能な場合もあれば、ダメなこともあります。それに事故について本人同士で何らかの合意に達したとしても、自動車保険会社からすればその部分については保険対象外とすることが殆どです。裁判を起こすことも考慮しつつ、弁護士と協議したほうがいいでしょう。

 

消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連の相談が寄せられています。最近では買取に伴う相談電話が増加中で、一向に減る気配が見られません。

 

一例を挙げると、買取一括査定サイトを通じて依頼したら夜間や仕事中にも電話がくる、契約するまで帰らないと言われ、押しきられる形で不本意な契約をしたといったものです。おかしいなと思ったら、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談すると安心ですし、より良い解決策が見つかるはずです。